FC2ブログ
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■シュタイニ・バッハ監獄(シュタイニ・バッハ城)

[画像:シュタイニ・バッハ監獄の囚人] (画像提供:破壊魔☆様)
hiromi-h-chained.jpg
アルプスの山深い高地にある監獄。
寒冷地のため夏場でも最高気温は10度前後である。

かつてはこの近辺を統治する領主の居城であったが、
現在は魔女狩りのために教会が牢獄として使用している。
その用途から、現在の囚人の大半は10代の少女である。

地上3階、地下4階建てとなっており、
広美の独房は地下1階(半地下)にあり、鉄格子の嵌った窓がある。

囚人たちの待遇は過酷で、人間に対する扱いは期待できない。
罪の重い囚人は手枷に繋がれたまま監禁される。
食事の配給は1日1回だけであり、栄養失調に陥り、
無惨にやせ細っている囚人も多い。
囚人達への衣服・毛布の支給も殆どないため、
大部分の囚人はボロの薄着を身に纏い、寒さに凍えている。

地下牢内には死臭のようなすえた臭いが立ち込めており、
廊下を歩いていると、房内から少女たちのすすり泣きの声や
身を縛り付ける鎖の鳴る音、
そして、時折鞭が空気を裂く音と、悲鳴が漏れ聞こえてくる。
このような中に囚われていると、ただそこに居るだけで
命が削り取られるような思いをすることだろう。

[画像:雪原にたたずむ監獄]
kangoku.jpg

最寄りの集落からは山道で1,2時間の距離にあり、
民間人が付近に近寄ることはない。

魔女への最高刑は一般に火刑であるが、
現在この監獄の囚人に対しては、多くが終身刑を適用されている。
しかし、これは人道的な配慮からなどではなく、
終身に渡って監禁と拷問で苦しめる意図からのものである。
終身刑と称してはいるが、受刑者の少女の大半はあまりに過酷な待遇から
数ヶ月から数年で命を落としていく。


■嘆きの塔(拷問塔)
シュタイニ・バッハ監獄から数百m離れたところにある拷問施設。
このように離れているのは、かつての領主が囚人たちの悲鳴を聞く事を
嫌がったためともされている。
監獄から距離があるため、囚人が連行される際に逃走する懸念も指摘されたが
少女囚の多くは、牢獄の過酷な待遇から疲弊しており
逃亡することも抵抗することもできず、大人しく連行されるケースが多いという。

古今東西の多くの拷問器具が揃えられており、
今日も少女囚たちの悲鳴が漏れ聞こえている。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 500

紹介文:囚われた少女 - 魔女狩りに囚われた少女・広美の有料記事です。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

カルシファー

Author:カルシファー
作者へのご連絡はこちらまで
rokujuuni@gmail.com

free counters

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。